毛髪を傷めるシャンプー

ここまでは、毛髪の「土壌」にあたる頭皮や毛根に与えるシャンプーの害について述べてきました。けれど、それだけではなく、シャンプーは頭皮から出ている毛髪自体も傷めつけます。

頭皮から出ている毛髪は死んだ細胞(角化した細胞)で構成されていて、ケラチンというタンパク質がその主成分です。1本1本の毛髪はふつう3層構造になっていて、いちばん外側にあるのが「キューティクル」です。かたい透明の細胞が鱗状に重なりあって形成されていて、汚れをはじめ外界の異物の侵入をくいとめ、また、髪内部の水分などの蒸発を防いでいます。その内側にあるのが、コルテックスとメデュラといわれる組織です。

このような毛髪の1本1本を、その根元から毛先までコーティングしているのが、皮脂腺から分泌される皮脂です。毛がきしんだり、もつれないですむのは、皮脂が毛髪をコーティングしているおかげです。

シャンプーの界面活性剤は強力な洗浄力によって、この大事な皮脂をきれいさっぱりとりさります。皮脂という天然のコーティングを失ったキューティクルは乾燥してめくれあがり、内部のコルテックスやメデュラも損を受けます。

でも、リンスやトリートメントをつけておけば安心、と思われるかもしれません。たしかにリンスやトリートメントは、傷んでめくれあがった鱗状のキューティクルキューティクルの隙間にくっつきますし、髪をコーティングするので、しっとりつるつるにもなります。けれど、皮脂ほどすぐれた働きはできません。

皮脂はオレイン酸などの脂肪酸、トリアシルグリセロール、スクワレン、コレステロール、ワックスといった、じつに多くの種類の脂性成分で構成されています。皮脂と名づけられてはいますが、本質は毛脂というべきべきで毛をメンテナンスするためにそなわっています。油脂は空気にふれると、酸化しますが、皮脂を構成する脂性成分は酸化するまでの時間がそれぞれ異なります。頭皮に出てきてすぐに酸化する脂もあれば、長い時間、酸化することなく残るものもあるわけです。

酸化物や過酸化物などは水に溶けるので、水で洗っていると酸化しやすい脂性成分から順に脱落していきます。ロケットが発射後、何段か切り離していくような感じですね。

こうして、最後まで残り、毛先まで守り続けるのが、皮脂の脂性成分の中でもかたくて、水にも流れにくいワックスなのです。ワックスはおそらく1年も、2年も毛の表面にとどまって、毛先を守りつづけていると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です